So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイレゾ、ハイレゾ [音楽]

ついに、カレンダーが最後の1枚になりました。
年々、1年を短く感じる不肖じょわがめではありますが、今年の感じ方はどっか変。
「なんか、夏が遠くに行っちゃったよなぁー」なんですよね。
それだけ、今年の春・夏は濃い日々だったんでしょうね。いろんな意味で。
ま、何はともあれ年末です。
掃除をしなきゃ・・・というより、せっせとゴミを出したいですね。
増やしちゃった分は出しましょう。ゴミの収集があるうちに。

このネタも、年越し厳禁!?
音楽ドタバタシリーズです。季節は夏。

夏休みが近づく頃、わたしのハイレゾウオークマンちゃんの中身はまだスッカスカ。
いかんっ、これではいかんっ!!
で、いろいろ検索をしたわけですよ。
スターダストレビューでしょ、葉加瀬太郎でしょ、佐藤竹善でしょ・・・。
ないっ!ハイレゾ音源がないっ!
松任谷由実、小田和正・・・これもスカぁー?
(オフコースならベスト盤があるけど、気分的には小田さんのソロワーク。)
ならば、久しぶりに聞きたい洋物。
スゥイング・アウト・シスター、マンハッタン・トランスファー、バーシア。
・・・撃沈ですかー(TT)

そんな迷えるじょわがめさん。
そんな時にでも、救いの手は差し伸べられるものでございます。
佐藤竹善氏のソロワーク(カバー曲「コーナーストーンズ」シリーズが欲しかった)
はなくとも、彼がフロントマンのバンド・SING LIKE TALKING。
そっちがヒットしましてねー。
しかも、うれしいことに名曲満載の4枚目「0(LAV)」・5枚目「Humanity」といった、
初期(っていっていいのかなー?結構長い間「冬眠」してて、3,4年前?
復活したんですよね。)のアルバムがあったから、問答無用に飛びつきました。
じょわが本当に聞きたいのは、本当はその前の曲なんですが。
デビューからのファンだったので。
・・・とにかく、これで夏をこせるよー。

しかしさー、アニソン系のハイレゾ音源って、本当に充実してるのね。
「なんでだよー」と、ボソッと呟いたら、横にいた娘さんが、
「だーって、アニヲタは音(質)にうるさいもん。」・・・名言だわー☆
ならば・・・ということで、手をだしてしまった。
戦術音楽ユニット「ワルキューレ」from「マクロス△(デルタ)」。

話にゃ聞いたことがあるんですよ。「アイドルマスター」とか「ラブライブ」とか。
Jポップだろうが、ロックだろうが、ヒップホップだろうが、
ジャズだろうが、アニソンだろうが、クラシックだろうが、
てめーがいいと思えば、すべて同じ土俵に上げてしまう、
アラフィフおばさん・じょわがめでも、さすがに手が出せない分野だよね、
と思っていたのよ。・・・が、素直にかっこいいんですけど。
で、ポテンシャルが高い。本当に声優ユニット(正しくはシンガー1人+声優4名)?
くるくる変わるうたいまわしとコーラスワークが緻密で・・・参りました。
それでいて、「アニメキャラクター」としての「人格」が備わった曲も、
ちゃんと共存してますからねー。

じょわさんは、最初の「マクロス」が引っかかる世代なんですかね。
「愛・おぼえていますか」・・・飯島真理嬢の時代ですよ。
あの当初から、「歌」というか「音楽」を大事にする作品でしたから、
ハズレはないだろうと思っていたんけどね、いやあ、ここまでとは。
・・・そんな訳で、こちらも夏のヘビロテに。

そんな感じに、ウオークマンちゃんの中身を増やしている間に、
スターダスト☆レビューのベスト盤の高品質CDでの再発売と、
ハイレゾ音源の配信が決まり、狂喜乱舞することになったじょわさんでした。
CDは9月、moraの配信は10月。
そこら辺の話は、また次にっ。
タグ:ハイレゾ
nice!(21)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 21

コメント 4

ゆうのすけ

落ち着かれましたか?私も夏が抜けちゃってるんですよ・・・。^^;
ハイレゾ作品ってまだまだ少ないですよね。CD自体が売れない時代になっちゃって配信がかなりの割合に!でもそんな中 若い子を中心にアナログの際ブームが来ているとか!(レコードいっぱいあるんですが最近聴いてないから ブームに乗ろうかな?^^;)
そうそう!私も リン・ミンメイ聴いてましたよ!マクロスもかなり進化して今は判らないです。設定だと今の2016年に換算すると ミンメイは行方不明になっているんだとか。。。^^
S・O・シスター、バーシア、マントラ なっつ~!^^

今夜からかなり冷え込みそうですね。
風邪ひかれませんように!^^☆
by ゆうのすけ (2016-12-06 15:52) 

starwars2015

音楽の分野では、ハイレゾに行くか、アナログレコードに帰るか
分かれるんでしょうね。
カメラ好きがフルサイズにこだわったり、フィルムカメラにこだわったり
するのと同じですね。

by starwars2015 (2016-12-06 23:40) 

じょわがめ

コメントありがとうございます。

♪ゆうのすけさん♪
秋以降、だいぶ私の趣味に近いものが出てきてほっとしてます。
でも、ハイレゾって、まだまだクラシックとアニソンの世界。
いろんなジャンルで、ハイレゾを試してみたいので、
今欲しいのは、ジャズ。
どちらかというと、ヴォーカル物が好きなので、
マンハッタン・トランスファーはピッタリかと思ったのに。
スマホを持つようになって、某電話会社のポイントを、
音楽ダウンロードに使うようになりました。
ラジオやテレビで気になった曲をダウンロード。
おためし感覚で使って、それでも気に入ったらCDに・・・。
っていう感じに使ってます。

「マクロスΔ」・・・実は毎回見てました。
だって、うちのハードディスクレコーダーちゃんが
律儀に録画してくれるんですもの。見なきゃ悪そうで(笑)
一見、別の銀河世界のお話のようなんですが、
「ファーストマクロス」からの歴史をおさらいする回があって、
・・・ちゃーんとつながっているのに驚きましたわ。すげーっ!
あの名曲、ワルキューレもカバーしております。
by じょわがめ (2016-12-12 17:04) 

じょわがめ

コメントありがとうございます。

♪starwars2015さん♪
巷じゃ、あの「写ルンです」の復権が囁かれているようで。
長らく忘れていた、「失敗が許されない緊張感」。
それさえ楽しみにできる、若い世代はすごいですよね。
アナログレコードからCD、ダウンロードと、
情報量は格段に多くなっているけど、
実は、音楽の微妙なニュアンスの再現に最も向いているのは、
アナログレコードらしい・・・というのを聞いたような。
そういえば、最近カセットテープが
密かな人気になっているようですしね。
デジタルを突き詰めすぎて、むしろアナログが新鮮なのかな?
うまくCDと音楽配信の使い分けをしたいものです。
by じょわがめ (2016-12-12 22:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。