So-net無料ブログ作成
検索選択

あ、子猫 [動物]

おととい、庭で花の苗の植え替えをしていたら、かわいらしい泣き声がどうも3つ。
どれどれ・・・と、旦那さんがはす向かいの空き地の方へ行くと、車の陰に子猫が3匹。毛色がみんな違うので野良の子か?母親を追いかけて空き地から降りてみたものの、U字溝が越えられない様子。娘も加わって2人でまた空き地へ戻してやるけど、やっぱり降りてしまう。それどころか、「遊んで!」とばかりに娘の後をちょこちょこ。娘は大喜び。
そのうち、母親らしき猫の姿。そばにいる3人(娘と旦那さんと、泣き声に堪らず出てきた近所のおじさん)が気になって、すっかり警戒モード。旦那さんが近くへ運んでやると一匹づつくわえて、別のお宅の庭の茂みに。それを繰り返して無事終了。
←ねこその1
・・・ここまでだったらいい話。なぜ「わたし」が参加しなかったか。
決して猫が嫌いではないのです。とんでもなく好きでもないけど。
我が家の前の通りは、「猫銀座」と呼んでいいほど猫が多いのです。実は猫好きの家に我が家は囲まれた状態。しかも、我が家の庭は広くはないとはいえ、芝生とウッドデッキと多少の花壇というシンプルな作りゆえ、猫には「癒しの空間」そのもの。黙っている分には文句はないけど、「置いていくもの」もある。
3年ほど前にそれがかなりひどくなって、植えた翌日の苗を根こそぎほじくって枯らせる、庭の並びの車庫に止めた車のボンネットはキズだらけ、車を出そうにも、通りの真ん中に寝そべって動く気なし。
さすがにわたしもブチキレまして、フェンスにネットやバリケードを張り巡らし、ネコ寄らずを家の周りにまきまくり・・・それでも防ぎきれず、花や野菜の方にネットをかけてと、日々庭が物々しくなるので、さすがに旦那さんも「その辺で・・・」と言い出すのですが、その頃には自分でも歯止めが利かなくなっていて。今にして思えばよく「殺してもやむなし」と思わなかったもんだ。そこまで追い詰められてたんです。
運良く、そのあたりで猫好きの皆さんに事情がわかってもらえたので、よかったんですけど。最近は通りをふさぐ猫もだいぶ減りました。車に足跡を付けられるのも、年に数回になりました。
そのかわり、わたしも猫を触ろうと思わなくなりました。構わないこと、追い出すことが、冷たいようだけどかえって猫のためである・・・という選択肢もあっていいような気がするのですが。わたしだけでしょうか。
←猫よけバリケード
あ、Postpetの「フロ」は好きですよ。ネコ飼いの皆さん、ご安心を。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。