So-net無料ブログ作成

読み聞かせ [子供]

この間の日曜日に、やっと抗生物質をコンプリートしたじょわです。
体調はおかげさまで、いたって快調。あとは、来週病院へ検査に行くだけでーす。

とにかく気になっていたのは、こいつに間に合うかどうか。
NEC_0460.JPG
絵本ですねー。
実は、娘さんの小学校で、授業時間に子どもたちの前で絵本の読み聞かせをするのです。
ちなみに・・・
「ネタ1号」こと、『ともだちや』(内田麟太郎作/降矢なな絵  偕成社)
「ネタ2号」こと、『ぞうさんレレブム』(B・シュレーダー/矢川澄子訳  岩波書店)
「ネタ3号」こと、『てん』(ピーター・レイノルズ/谷川俊太郎訳  あすなろ書房)
が、現在の全もちネタです。

もともと数年前から、「学校図書館ボランティア」という制度・・・なのかなあ?・・・が、
あって、そこに最初の年から参加しているんです。
最初は、学校図書室の図書のメンテナンスがお仕事でした。年1,2回くらい。
それがしばらく続いていたのですが、
昨年度、「図書室の番人」をメインにした形に変わったんですね。
うちの市は、学校司書の先生方が常時3校ほどの小・中学校を掛け持ちしているので、
娘さんの小学校も、司書の先生が来るのは週2日(プラス協力員の先生が週1日)。
この穴を、保護者から募ったボランティアで埋めて、
図書室の本の回転を促そう・・・というわけです。
これで、月に1、2回小学校へ通うことになったじょわなのでした。

それが再び変わり始めたのは、夏休み前のこと。
校長先生の招集を受けて、数人のボランティア仲間が校長室に集められました。
もちろんじょわも。
で、校長先生からきり出されたのが、「子どもたちの前で読み聞かせをやりませんか?」
・・・はい?!?!
市には、ボランティアで学校を回って読み聞かせをするグループがあるのですが、
1つの学校に年1,2回・・・というのが現実。
ならば、図書室ボランティアの手も借りれば、回数も増える・・・というのが、
校長先生のプラン。

いやー、そんなことを言われても、自分の子どもならいざ知らず、
よそのこどもたち&小学校の先生を前にして、それをやれっていうんですかー。
で、実際ボランティアグループのメンバーさんの「技術」がすごいんですよ。
授業1時間分をこなすためには、読み聞かせは3本、それにちょっとした手遊び歌。
これで、子どもたちの心をがっちりゲットですもの。ハードル高いっしょ?
躊躇する一同を前に繰り出される「言葉」の数々・・・
「新規に募集もかけましょう!」「グループ名も決めちゃったんですけど!」
「夏休みの図書室公開日に、○○○(読み聞かせボランティアのグループ名)さんを
呼びますので、見学に来てください」
「市立図書館から講師を呼んで、講習会も開きましょう。いつにします?」
・・・校長先生、あなたにそこまで外堀埋められたら、あたしら断りようがないですって。

かくして、技術習得の7月8月、ネタ探しと練習の9月
(読み聞かせに出た本は、自分で読もう・・・という子が現れるので、図書室の本限定。
しかし、読んでいい本は読み聞かせにいいとは限らないので、結構厳しい。)
で、10月末の朝読書、2年生を相手にデビューを果たしたじょわなのでした。
朝読書の時間での読み聞かせはその後も続いているのですが、
じょわは溶連菌のドタバタで一時リタイアしていたので、
12日(あ・・・明日だ)、2回目にして、いきなり学校参観日の2年生教室へ出動です。
授業時間なので、一緒に行く「仲間」がいるのが救いです。がんばろー!

今後、徐々に高学年の方にも回っていくことになるのですが・・・。
娘さんの6年生は勘弁してほしいな。
「ゆきっぴ(彼女のWdP飼い主名です。)のおかーさんだー!」と騒がれ、ど緊張ですよ。絶対。
そういう話を娘さんにしたら、「うん、あたしもやだっ!」・・・相変わらずざっくり切り捨てる娘さん。
少しは励ましてくれよぉー・・・
nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

遅れましたが・・・ [子供]

更新がすっかり遅くなってしまいました。
娘さんの小学校の運動会レポートです。
開門は午前6時なんですが、並んでまで場所をとろう・・・という気合がまるでない親なので、
開会式にあわせて出動です。
偶然部活が休みになった息子さんは行く気なし・・・のようで。留守番決定です。
(実はどうも、裏事情をお持ち・・・だったようで。夕方に親にばれることになります。)
まずは場所の確保・・・と歩いていくと、本部の前にいるのは、
息子さんの恩師兼中学校の先生(学年は違う)じゃあありませんか。
「午前中だけ手伝いに来たんですよー」と、相変わらずさわやかでいらっしゃる。
・・・まったく、「教え子」はいいんですかね。どうせ家でゴロゴロなんだろうに。
一度くらい母校に顔を出したってばちは当たらんぞ。

児童応援席の後ろ、程ほどの日陰に場所をキープして、開会式を見物。
開会式のしめは、今や「千葉県民のお約束」とまで言われているらしい、
これです。↓

わかりにくいかと思いますが、
昨今、「県民性」をうたい文句にしたテレビ番組で話題の「なのはな体操」
それを全校でやっている図がこれです。
ちなみに、わたしは「なのはな体操」以前の世代なので、完璧にできません。
(真面目にラジオ体操第一をやってました)

多少日がかげるものの、予想を裏切る暑さのため、水分補給が追いつきません。
学校のとなりがスーパーで、本当に良かった。アイス買いに走りましたよ。
昼に近づくにつれ、だんだん日なたになってゆくー。
暑さと日焼けの耐性が今ひとつのダンナさんには、役に立ったようで。

娘さんも、いよいよ応援団本番ということで、気合が入っている・・・ような。
→この中に娘さんいまーす!
赤と白はデットヒートなのに、実にマイペースな青組。
綱引きに全敗しても、「負けて悔しい」というより「あー、負けちゃったー」というような、
ほのぼの感・・・観ているこっちも脱力ものですわ。
午後には、多少いいところを見せたものの、結局差はつめられず・・・
ま、いいか。そーいうチームだったのねー。

終了後、クラスの帰りの会と、応援団の解団式を終えて、昇降口を出てきた娘さんは、
少しウルウル気味・・・さぞや青組惨敗がこたえたか・・・と思いきや、
「応援団長と別れるのがつらいのよぉー(T_T)」
・・・あなたの班の班長さんは、応援団長でしょう?
「それは男子の応援団長。あたしが言ってるのは女子応援団長の○○さん!班が違うのっ!」
・・・はいはい。

結局、昼にも来なかった息子さんは・・・
「掃除やるからっていったよねえ・・・?」「やったよ」
「溜まった進研ゼミやるって言ったよねえ・・・」「・・・やらなかった」・・・え?
問い詰めると・・・「終わってない夏休みの宿題やってた」・・・ぬわんですってえー(怒)
どうも、夏休みのしおりと、別に渡された宿題一覧の、社会の宿題内容がちょっと違っていて、
しおりの方に書かれていた宿題のみをやっていた息子さんは、もう1つの宿題を見落とし、
提出をすることになった・・・ということだったようです。あらら・・・
(でも、社会の先生も説明すべきでしょう。聞きに行かなかった生徒も悪いけどさあ)


困惑の先にあったもの。 [子供]

前の「記事」を見て下さった皆さん、ありがとうございました。
正直、こういう内容をブログに載せていいものか、いまだに悩んでいます。
しかし、「もう一つ前の記事」のためには、どうしても必要だ・・・と判断して、
細心の注意をはらった上で、載せることにしました。
しっかり受け止めて、コメントやメッセージを送ってくださった皆さんには、
感謝しています。ただただ嬉しかったです。

今回は「その後」・・・というか、前回「記事」をアップした直後に起こった出来事について、
書いていきます。
「前の記事」のために必要だと思うので・・・

続きを読む


驚愕と困惑と・・・ [子供]

・・・すべての始まりは、先週の木曜日午後。
自宅にかかってきた1本の電話からでした。
相手は、小学校の娘のクラスで、わたしと一緒にクラス役員を務めているお母さん。
「学級部の臨時部会を明日の午後開くそうです。お子さんはできる限りつれてこないように。」

続きを読む


子ども会について [子供]

週末の過ごし方
(抜粋) 娘も兄の小学校卒業を機に、念願の子ども会入り。(兄があまりにも団体行動に向かない、インドアキャラの小学生だったために、小学校入学時に子ども会に入り損ねた)
子供が割といる住宅地ですが、子ども会の人気は低下気味。入らない子があたりまえ。この子ども会も決して人数が多くありません。なのに資源回収は隔月。夏祭りもあるし。親も忙しいけど子供も忙しい。


上の記事で、子ども会についてのコメントがありましたので、もう少し詳しく。

うちの娘の小学校の校区には子ども会が3つあります。
年度始めに、3つの子ども会連名で会員募集の手紙が学校から配られるので、希望者はそれぞれの子ども会の会長に連絡を取る・・・というシステム。
娘の子ども会は、35年ほど前に造成した住宅地の子どもを対象にしていますが、最近はその周りに住む子の加入も認めてます。住宅地は400軒ほどと、割と大きいし、住民の世代交代も少しづつすすんでいるので、毎年平均15,6人の子どもが地区から小学校に入学する・・・なのに少ない。

ひとつは、子どもの選択肢が「子ども会」だけではなくなったこと。
我が家の地元も、小学校入学時点で、サッカーチームや野球チーム、スポーツ少年団などに入るという道があります。学年が進めば、ボーイスカウトやミニバスケットチームというのもありますし。野球チームも当然1つではないですよ。
そういうところを選べば、土日は自動的に練習や試合ですよね。無理やり子ども会へ入れとはいいずらい・・・

もうひとつは、親が役員などの負担を嫌がりだしたこと。
そもそも、上の息子の時になぜ子ども会に入らなかったか。子どもが興味を示さなかったことのほかに、わたしが嫌がった理由が、まさにこれなんです。
当時、自治会の役員で、どろどろの人間関係の中にどっぷりつかる羽目になり、結果、精神的にぼろぼろになってしまった直後だったので、地区イコール自治会に関わるのを極端に避けていたんですね。
・・・ま、それはおいといて。

不思議なのは、サッカーや野球などにも、ちゃんと役員やお茶だし、試合の車出しなどの当番がある。(最近は、親の負担軽減をうたって、メンバー募集をするところもありますけどね。)なのにもかかわらず、皆さんそういうことはやるんですね。「いやだいやだ」といいながら。
もーっとすごいことに、それを学校のPTA役員拒否の言い訳にする(特に5,6年あたりで)人すらいるわけですよ。まあ、一応「地区活動」なので・・・強く出られず、「はいはい」ときいてあげてましたが。
子ども会だって、立派な地区活動なんですけどね。どこがちがうんでしょう。
「地区活動」であるスポーツが、親の心の中で「習い事」に近くなっちゃっているからでしょうか?
何をやっているのかわからない「子ども会」よりは、目的がはっきりしているし、「子どもの習い事」と思えば、負担も気にならない・・・ってことなんでしょうね。真意はわからないけど。

娘の子ども会は、資源回収の上がりを元手に、毎年日帰りバス旅行に行きます。
ここ数年は、東京ディズニーリゾート。
これ、他の地区の皆さんから見ると、かなりの魅力らしいです。
ゆえに、親も努力しているわけですけど。たぶんわたしもいけるんだろうし(^_^)
来月は、決められたところへ持ってきてもらう「プチ回収」の月。がんばろーっと。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。